この部分は、topページのみ表示されます。
必要無い場合は、ソースをSupprimerして下さい。

Saint-Saturnin Classic British Welcome 2017 : avec Marcos pour thème automobile

2017年サンサチューナン クラッシック・ブリティッシュ・ウエルカムのテーマは
マルコスでした。このイギリス車についてはwikipediaを参照してください。
P1120250.jpgDSC_0327.jpg

P1120249.jpgDSC_0323.jpg

P1120246.jpgDSC_0329.jpg

イギリス人観戦客の車なんですが…2016年23時間57分レースの勝者、トヨタ P1 NO.5
勝利を勝ち取れたはずのトヨタ車に対するオマージュと受け止めました。
チェッカーフラッグまであと一周というところでエンストしてしまい、ポルシェに勝利を奪われて
しまいましたが、今となっては、これも24Hレースのレジャンドとなりました。

P1120251.jpgP1120252.jpg


AVF Accueil des Villes Françaises Le Mans

”ルマンへようこそ”、のようなアソシエーションで、全国レベルの機関です。
転居して間がない人たちが地域に馴染みやすように設けられた会で、地域の人たちと交流
できるような活動を提供しています。
2016年の活動の中に、外国人向けのフランス語教室が設けてありましたので、ここに、
記しておきます。
http://avf.asso.fr/fr/le-mans/animations-fr-11099
AVF Le Mans
94 bis rue Nationale 72000 Le Mans
Tél:02 43 24 94 73
E-Mail : avf72lemans@gmail.com

La Grande Maison - Centre social Simone Veil

フランスは、7月14日のフランス革命祭が終わるとすっかりバカンスモードとなります。ニュースは、
駅や高速道路の混雑を伝えています。

日本と違って、フランスでは、学校の夏休みに合わせてすべての文化スポーツ関係のアソシエーションも
夏休みになり活動が止まってしまいます。

2017年の新学期は、9月4日からですから、第2土曜日あたりからあちこちのクラブやセンターの
オープンハウスが始まり、新規登録者の募集を始めます。

La Grande Maison - Centre social Simone Veilは、昨年度にオープンしたばかりのセンターで、一人
暮らしの人たちが孤立しないように、または3歳未満のお子さんたちの集会や不定期な託児システム、
さらに家族が参加できる活動を行っています。主に、ボランティアの人たちが運営しています。
ルマン市の各種活動ソーシャルセンター
34 avenue de la libération 72000 Le Mans
02 43 24 70 24
2017年8月21日から開館

ここでは、社会文化的なフランス語教室についてのみ書き留めておきます。
Initiation, soutien et perfectionnement (en cours individuel et collectif)
初級レベルから上級レベルまで(個人またはグループレッスン)
Cours individuel (complet pour le moment)
個人レッスンは現在満席
Cours collectif par niveau le vendredi en journée.
金曜日:グループレッスンはレベルごとに授業が行われます。

フランス語レッスンの他にも各種活動が企画されています。
ー手編みや刺繍などの手仕事
ー読書
ーハイキング/散歩
ー料理教室
ーその他


24h LE MANS 6月17-18日

1 位 NO. 2 Porsche LMP Team BERNHARD / BAMBER / HARTLEY Porsche 919 Hybrid LMP1
2 位 NO. 38 Jackie Chan DC Racing TUNG / LAURENT / JARVIS Oreca 07 - Gibson LMP2
3 位 NO. 37 Jackie Chan DC Racing CHENG / GOMMENDY / BRUNDLE Oreca 07 - Gibson LMP2

LMP2クラスの13号車レベリオンは今年のル・マン24hレースをクラス2位、総合3位で終了したが、
月曜日に技術ペナルティを行ったとして失格!詳しくはカーレース専門誌の記事をご覧ください。
Jackie Chan DC Racing NO37は3位になったものの、日曜日の表彰式で3位をもらえず、シャンペンで
お祝いができなかったのは残念でしたね。

2018年までWEC参戦を約束していたポルシェですが、来年の24hレース、LMP1部門への参戦なし!
同じく他の耐久レースへの参戦もしないことを発表(GT部門では参戦する)。2017/7/28

TOYOTA GAZOO Racingにとって2017年も、苦難のレースに終わってしまいました。
2018年に期待しますが、ポルシェが参戦しなくなるので、24hレースのLMP1には、TOYOTAのみの
参戦となるわけです…

P1120236.jpgP1120233.jpg

P1120232.jpgP1120230.jpg
11-12日は、ルマンの中心にあるリパブリック広場で、車検が行われる傍ら、特設ステージ上ではチーム
ごとにレーサーが招かれインタビューに答えています。車検もインタビューも終われば、レーシング
カーを前に、チーム全体の記念撮影が行われます。

                24h du Mans  

15ème Rendez-vous aux jardins

Rendez-vous aux jardins  2017年6月2,3,4日
お庭でランデブーなんですが、どちらかというと、日頃は見学できないような庭園も含まれ”私庭園や
公園の見学”ができる一年に一回のイベントです。今年は15回目

毎年、2-3の庭園を訪問していますが、その準備のために調べていたら、サルト県内でも石庭や和風に
剪定した庭木を入れて趣味で日本(風)庭園を造っている方がいらっしゃるようです。
以下二つを紹介します。

Manoir de Nuyet 72460 Savingé-l'Évéque
娘が日本に滞在している時、日本へ会いに行き日本庭園の自然との融合の美しさと庭木剪定の技術に
出会って感嘆し、以来自宅の庭に取り入れた。

Jardin de l’Oraisière
28, rue François Tricard 72270 LIGRON
元々カマンベールチーズなどの木箱を作る工場の跡地だった2ヘクタールの更地を、Trubert夫妻は50年
以上かけて0から壮大な庭園を造園し、何度も来日経験のある夫妻は、枯山水や紅葉、竹、ソメイヨシノ
などの日本庭園の技術や草木も育成している。

夫妻の息子さんは、福岡県の糸島にアートギャラリー"Torre Dos Cielos トレ・ドスシエロスを2013年
にオープンされ、日仏アーティストの架け橋の役目をされています。

*里帰りの折に、感じるのですが、田舎でさえ最近の新築の一軒家は、四角くて庭木がなく無味乾燥な
家が多くなっています。土地があれば、駐車場ばかりが目に付きます。家は庭があることで素敵に見える
のですが・・・

| Accueil | Page suivante>>
Page Top↑
▲ Page Top