日本人観光客28名、エコモア付近の高速道路上で連続衝突事故に遭う

12月16日(土)の朝、エコモワ(Ecommoy ルマン市の南35Kmにある町)あたりの高速道路28号線状で路面氷結のため連続衝突事故が発生した。6台のトラック、乗用車9台、バス一台が事故に巻き込まれた。60名のうち観光バスに乗っていた日本人28名は、モンサンミッシェルへ向かう途中であった。事故車や横倒しになったトラックなどの排除が終わるまで交通止めとなったが、日本人28名を含む人々はEcommoyの町長によって最寄りの体育館に収容され、午後には無事にエコモワを出発した。
Le Maine libreの記事から

日本人旅行者の皆様、無事で何よりでした。Sébastien Gouhier町長に感謝。

「黄色いベスト運動(mouvement ‘Gillets jaunes')」

2018年11月17日以降,フランス全土で燃料価格の高騰や燃料税引き上げに反対するデモ
「黄色いベスト運動(mouvement ‘Gillets jaunes')」が行われており,特に25日と2日土曜日は,
パリ・シャンゼリゼ通りを中心にデモ隊と治安部隊が衝突し非常事態の様子がテレビで放映され、
今後もデモの継続が呼びかけられていることから,デモや集会等が予定されている地域には近寄らない
ようにと日本外務省領事サービスセンターからメールが届いています。
ここルマン市でも「黄色いベスト運動」は行われても、パリのようなことはないと信じていましたが、
今日は、「黄色いベスト運動」からの飛び火で大学進学方法の不満を訴える高校生デモが行われること
で懸念した県庁から市内の商店は閉店するような指示が出されました。店を開けていた”ラコステ”では、
高校生とは別の暴動化した”壊し屋”の一団が入り込み商品をごっそり持ち去ったと地元新聞が報道して
いました。今日午後のルマンの中心市街地は、クリスマスが近いのでクリスマーケットで賑わいを見せ
ているところですが、店々のシャッターは降ろされ非常事態を感ぜざる終えません。
理性を取り戻させることはできないのでしょうか?
そこまでフランスは貧困になっているのでしょうか?
           
        870x489_whatsapp_image_2018-11-27_at_14.19.12 (1)

新市長

半年遡る記事ですが、新しい市長が選ばれていますので記しておきます。

2001年から市長の要職にあったJean-Claude Boulard氏が任期中の6月1日に逝去された。
6月14日の市と共同市議会はStéphane Le Foll氏を選出した。任期は、2020年の市長選挙まで
の18ヶ月間とする。

Boulard市長には、2010年のサムライジャポン公演の時に、市庁舎主催の歓迎パーティーで
アーティストの皆さんと懇談されていたのと、2013年の鈴鹿市長が来仏された時に会う機会が
あったぐらいです。
  IMG_20180724_102328 (1)

  

2018年9月23日(日)定例総会の報告

Assemblée générale du dimanche 23 septembre 2018
20 membres étaient présents, 4 excusés, 6 pouvoirs avaient été donnés.
出席者20名、欠席の連絡をした人4名、委任状を送付した人6名
2017 - 2018年度は、58組が登録。16家族と個人会員40名
il y a eu 58 inscriptions à l’association : 16 familles et 40 individuelles.
事務局の構成 Composition du bureau
2017年9月に更新されたので2020年8月まで引き続き同じメンバーで構成される。
Le bureau avait été renouvelé pour un mandat de 3 ans en septembre 2017 donc jusqu’à août 2020
  会長 : Haruko Lalo
  会計 : Michel Ledonné
  書記 : Patrice Lalo
  書記補佐 : Takako Taniguchi
  補佐 : Kathy Hamelin et Lisette Biron

会計報告:Rapport financier
ミッシェルさんより、1/09/2017から 31/08/2018までの会計報告が提示された。
結果は黒字555,56ユーロ。会計報告は満場一致で承認された。内容の詳細を知りたい人は、
Mme Laloに問い合わせること。
Michel Ledonné a présenté les comptes de l’exercice du 1/09/2017 au 31/08/2018, le bilan fait apparaître un bénéfice de 555,56 € et une trésorerie de 2263,55 €. Les membres souhaitant en avoir le détail peuvent le demander à Mme Lalo.

会費は昨年度と同額 Cotisations 2018 – 2019 est la même que l'année précédente.
2018年9月〜2019年8月
個人...............................10 ユーロ
夫婦と家族...................16 ユーロ
(注)年度の途中入会の場合も割り引きはありません。

フォーラムの家賃は毎月220 € Le loyer mensuel reste à 220 €

2017 - 2018年度の活動報告 Retour sur les activités
Durant l’exercice, l’association a organisé :
- 3 randonnées effectuées sur 9 prévues, les autres ont été annulées à cause du mauvais temps ou faute de participants,
- 14 janvier, randonnée à Sargé suivie de la galette des rois chez Haruko,
- Atelier estampe japonaise avec Noriko Koma le 25 novembre 2017,
- Dégustation de thé organisée par Yves Leplant le 2 décembre 2017,-
- Atelier d'Etegami avec Nicole Nogami le 24 mars 2018,
Aide et subvention pour le concert de violoncelles « Le Temps des Cerises » organisé par Yukari les 25, 26 et 27 mai 2018. Réalisation et achat de l’affiche et des flyers, préparation de bentos pour les musiciens et pour la vente aux spectateurs, location de l’église Notre Dame du Pré. Vous pouvez retrouver une vidéo du concert de St Pierre sur Erve sur YouTube (lien ci-dessus)
«Support Our Kids» en juin 2018, Haruko a aidé Naoko (restaurant Chez Miton à Chahaigne) qui accueillait les jeunes Japonais.

-9回予定されていたハイキングは、悪天候と参加者不足が原因で、3回だけ行った。
-1月14日 Sargé の付近をハイキングした後、王様のガレット(La galette des rois)を囲んで、
 会長宅で親睦を深めた。ガレットはもちろんパティスリー高柳の黒ごまのフランジパンだった。
-11月25日 木版画のアトリエ開講 
 パリのエスパスジャポンでも教えられている小間典子さんが指導した。
-12月2日 Yves Leplantさんによる日本のお茶の試飲会

2018年
-3月24日 野上ニコルさんの指導で絵手紙を作成
-5月25、26、27日
 8人のチェリストと指揮者が集い、その名も”さくらんぼが実る頃”のチェロコンサートを助成。
 マイエンヌ在住の会員、ゆかりグルダンさんが率先した企画だった。
 フランスのクラッシク曲の他に、懐かしい日本の唱歌を演奏した。
 ポスターとビラの作成とプリント代金、Notre Dame du Pré教会への礼金、サンピエールで
 販売する弁当と音楽家さん方の食事用の弁当を作った。

-6月 «Support Our Kids» の9名の青少年が来仏
 当協会でホームステーなどはなかったたが、シャエンニュのレストラン (Chez Miton)
 のシェフ、尚子さんが多大に援助されたので、会代表として会長が支援に行った。

Baptême de piste sur le circuit Bugatti - Le Mans

年末になると、あちこちのアソシエーションで寄金が呼びかけられます。12月1日(土)今日行ってきた
サルト県のロータリークラブが主催するブガッティサーキット場処女走行もその一つで、寄付金は
2015年に創設されたルマン市立病院の小児外科で手術を受ける子供達の病院生活の向上を図るために
設立されたアソシエーションに寄付されます。
 参加費は一名25ユーロ
 サーキット内(4185m)を5周走行します。
レーサーは参加費(180ユーロ)を払い、自前の自慢のスポーツカーに参加者を乗せてドライブして
くれます。今日は残念ながら、朝から雨模様で私が参加した午後は雨足も強く走り始めたら未透視は
悪いし、ヘルメットは重いし、期待していたよりスピード感に欠けましたが、4周め5周めでは前車の
追い越しに成功し、スタンド前からダンロップの架け橋までの直線コースではスピードが出ていました。
ちょっとドキドキ。

FLYERS-BAPTEME-1er-dc-2018.pdf (glissé(e)s)

| Accueil |
Page Top↑
▲ Page Top